RESERVE

予約する

ドッグフリーサイトとは?その魅力とドッグフリーサイトのあるキャンプ場3選

1.ドッグフリーサイトとは

最近は、愛犬と一緒にお出かけ、一緒にキャンプに出掛ける方も増えてきています。

愛犬とのキャンプ、場所を選ぶ際に悩む方も多いのではないのでしょうか。

ペットOKなキャンプ場でも、ルールが様々で、できるなら愛犬が喜んでくれる場所がいいですよね。

そんな方におすすめなのが、ドッグフリーサイト。

ドッグフリーサイトは、愛犬と一緒に利用できるキャンプサイトのこと。

サイトが区画ごとに柵で囲われているので、その区画内でリードなしでわんちゃんを自由に遊ばせることができます。

2.ドッグフリーサイトの魅力

ドッグフリーサイトは、飼い主もわんちゃんもリラックスして過ごすことができます。

そんなドッグフリーサイトの魅力をご紹介します。

2.1犬の飼い主ものんびり過ごすことができる

通常のキャンプサイトだと、リードは必須なところがほとんどです。

ドッグフリーサイトなら、エリア内はノーリードでOKなので、テントの設営や手週の際に、

わんちゃんから目を離しても柵があるから自由に遊ばせることが可能です。

わんちゃんも自由にのびのびと自然を満喫することができます。


2.2トラブルの可能性低減

柵に囲われていて、サイト内は家族のみの空間になります。

そのため、他の犬やキャンパーさんとのトラブルの可能性が低減します。

また、犬自身が迷子になったり逃げたしたりするリスクも低くなります。

愛犬も飼い主も周りを気にせず、ストレスフリーにのびのびと遊ぶことができます。


2.3ゆとりあるサイトの広さ

通常の区画サイトより、広めに設定してあることが多く、サイト内で車を横付けしても、テントやタープがゆとりを持って設置ができます。

その上、愛犬が走り回れる十分なスペースが確保できている場所が多いのも魅力の1つです。

3.関東のおすすめドッグフリーサイトのあるキャンプ場

3.1わんキャンDOGRUN&CAMP(群馬県利根郡)

ゲートを閉じれば、ノーリードで過ごすことができるプライベートサイトがあり、さらにドキャンプ場にはドッグランも併設されています。
併設のドッグランは、小型犬、中型犬・大型犬と分かれていて、安心して遊ばせることが可能です。


各サイトに水場と電源が付属していて、車も乗り入れ可能です。

ゲートを閉じれば、ノーリードで過ごすことができるプライベートサイトがあり、さらにドキャンプ場にはドッグランも併設されています。


住所:群馬県利根郡昭和村森下松之木平3370-34

3.2THE DOG DEPT GARDEN RESORT-安房白浜-(千葉県南房総市)

施設のコンセプトは『DOG FIRST』!
全サイト、ウッドチップがひいてあり、愛犬の足への負担が低減されます。

各サイトに足洗い場やうんちBOXなどが設置されていて、まさにわんちゃん主体のキャンプ場です。
海が近いので、海辺で散歩も楽しめます。

住所:千葉県南房総市白浜町根本1456-11

3.3那須高原オートキャンプ場 CUATROPERROS(クアトロぺロス)(栃木県那須塩原市)

施設内全てのサイトがドッグフリーサイトになっているキャンプ場です。

それぞれのサイトが、約70坪の広さあるので、ワンちゃんたちも楽しく遊びまわることができます。

サイト内に、水場、シャワー設備、トイレ設備を完備しているため、サイト内で完結できるのも特徴の一つです。


住所:栃木県那須郡那須町大字高久丙字玉取平1152-6

4.愛犬とのキャンプには、L-Camperのキャンピングカーがおすすめ

ドッグフリーサイトの魅力・ドッグフリーサイトのあるキャンプ場をご紹介しました。

そんなペットとのキャンプにおすすめなのが、ペット可キャンピングカー。

L-Camperのキャンピングカーは追加料金なしで、全車種ペット乗車が可能です。

また、ベッドモードにも簡単にチェンジすることができるので、車中泊も可能!

ぜひペットとのキャンプを楽しんでみてください♪

レンタカーの詳細はL-Camperのホームページで。

一覧に戻る